10月9日ユーロドル相場環境:あおの中級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

10月9日ユーロドル相場環境

2019年10月09日

 

10月9日ユーロドルがトレードできそうな形になってきたため、相場環境を自分なりに考えたものをまとめてみました。

家のパソコンが使えず、スマホかタブレットからの投稿となるため、画像の編集があまりできておらず見づらいかもしれませんがご了承ください(・・;)

高安値を結んだ黒い線は、長期ダウとカウントした高安値を結んでいます。

ラインは青が日足、紫が4時間、ピンクが1時間となっています。


日足

高値を切り下げ安値を更新しており、現レートは高値切り下げエリアで下降トレンドライン、右下がりの20MA(緑)の下にあり、MAで上値も抑えられており、戻り売りエリア。


4時間足

長期ダウはまだ高値を上抜いておらず(途中の目立つ高値を長期ダウとカウントするか迷いました…)、高値切り下げエリアで小さく高値を切り下げ安値を更新し、保ち合いを下抜け、水平気味の20MA(緑)も下抜いていおり、保ち合い下限周辺で抑えられての戻り売り待ち。


1時間足

長期ダウで高値を切り下げ安値を更新し、直近安値まで戻している。この安値に引いたラインは下降から引けるレジサポ逆転ラインで、何度もライン付近で売買されており、抑えられやすいラインと考えられる。また、水平気味の75MA(青)を大きく下抜き、右下がりの20MAも上から抑えてきており、安値ライン付近での戻り売り待ち。


以上の相場環境から、日足~1時間まで全て売りが入りやすい相場環境と考えられ、1時間の直近安値ライン付近での五分足の反転で売りエントリーを検討。

ただ、1時間20MAの伸びの途中から取りに行く事になるため、5分足での高値超えで決済する必要がある。



この記事へのコメント



この記事へのいいね