12.6(木) ユロドルショート:Ciaoの初級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

12.6(木) ユロドルショート

2018年12月06日

 

ユロドルショートのトレード結果です。

全くほぼ建値決済になりました。


 

【トレード内容】

大局の三角保合いの終焉近くからの、1時間短期の根っこからのトレード。

直下のサポートを抜けないと1波は狙えないのでそこまでは15分短期目線でトレード。


【ユロドル:4時間足】


・日足、やや下向き短期に抑えられながら売りエリア内で辛うじて推移いるが、大局では下降からの三角保合いは変わらず、直近もヒゲ毛虫でどっちに行きたいんや!って状況。

4時間足、やや上向き短期の下の売りエリアで推移しているが、方向感無し。

・上昇ダウを形成したかと思えば、今度は下降ダウ形成か?という展開。

・但し、三角保合い終焉に近いところまで来ている感じではあるので、方向感が整った方向に着いていきたいところ。

・まだリスクは高い。

 

【ユロドル:1時間足】


・やや上向きの短期、中期に挟まれ窮屈なところで推移しており完全なる保合い推移。

・高値切下げ、安値切上げで段々と窮屈さを増しつつ、ライン内のスクイーズ状態。

・直近では、高値切下げの方に優位性があるように感じられる。

・この狭くて窮屈な局面抜けでは、一旦どちらかに動意が見られるのでは?

・抜けた方向に着いてのトレードも考えられるがリスクは高い。


【ユロドル:15分足】


・非常に狭い保合いないを行ったり来たりと推移している。

MAは短期、中期が収束。

1時間レベルで確認できる程度だが、高値を切下げて来てる。

・この保合いの勝敗に合わせて着いて行けば非常にLCを狭く出来るので、上位足の何度も支えられいるサポートまでを目先のターゲットにトレードした場合、11以上のりワードは見込める。

・保合い上限に抑えられ、下向きだした短期、中期を下抜いたところでショートエントリー。再度保合いに戻るなら建値か薄利で手仕舞い。(5分では下げダウ確定イメージです)

・少し目を離してる間に、当然でしょ!と言わんばかりに保合い内に再度戻ってきてMAも短期、中期共に上向き出してたので一旦手仕舞いして様子見。(サポートが硬い)

・手仕舞いもサポート抜けしなかった時点で手仕舞いすべきでした。(下がるかもの主観で手仕舞いできなかった)


 

+0.2pips


 

【総評】

・1時間で上下内側に向かってこんなにラインが引けるところはあまり良くないですね。。。

・伸びる環境ではなかったと反省です^^;

・まだ安心してトレードできる局面ではなかった。

・安定して勝ち続けるにはわかりやすいとこでトレードしないといけない。

・わかりやすいとこ=三角保合いを抜けて方向感がハッキリしたとこ

・もっとわかりやすく利が伸ばしやすいところでのトレードを意識してチャートを見ていかなくてはならない。

・まだまだ主観にも振り回されて青いなぁ。。。

この記事へのコメント



この記事へのいいね