テクニカル分析とはいったい何のために行うのか?:維新の介の上級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

テクニカル分析とはいったい何のために行うのか?

2018年08月30日

 

ダウ理論

グランビルの法則

移動平均線

水平ライン

トレンドライン

押し目買いに戻り売り

一目均衡表

マルチタイムフレーム分析


こうやって見ると考えることたくさんありますね。

トレードって難しいですね(笑


でも違うんだな・・・


ダウ理論を考えて、グランビルの法則を考えて、水平ラインを引いてサポートや抵抗を見てリスクを考えて、トレンドラインを引いてトレンド方向を確認して・・・


ほとんどのトレーダーさんって、こういうことをやってません?


もう一度言いますね。


違うんだな・・・


そんなことやってたらトレードは難しくなるばかりです。

何度もお伝えしていると思いますが、トレードが難しいのは、自分で考えることを増やしているから。


さらにもう一度。


違うんです(笑


テクニカル分析の目的は、たった1つ。


注文の集中を考えることです。

(※別の捉え方もありますが、それはまた今度)


ダウ理論も、移動平均線やトレンドラインに対しての戻り売りも、水平ラインも

そしてマルチタイムフレーム分析も。


全部全部、「注文の集中」を考えるために存在しているんです。


そして私が表示させているインジケーターやライン等は、全てその「注文の集中」を見るためのものです。


ここらへんがわかってきたら、トレードはすごく簡単になるんですよ(*^^*)


※追記

パンダパンさんに向けた記事です。

オジョーン♀ 一人反省会

この記事へのコメント



この記事へのいいね