デイトレードとはその日の値幅を獲りにいくということ:維新の介の上級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

デイトレードとはその日の値幅を獲りにいくということ

2018年10月06日

 

トレードってのは、ちょっと意識を変えるだけで意外と簡単になったりします。


移動平均線方向に獲るだけ

上位足の上昇トレンドラインにタッチしたところでしか買わない


このようにチャート上の非常に大きな優位性のみを獲りにいくとするだけで、

案外急に勝てるようになったりするんです。


そしてそれは「時間軸」の捉え方についても同じことが言えます。



その前に、みなさん「デイトレード」ってどんなイメージでしょう?

なんとなくこんなイメージに縛られていませんか?


・デイトレは5分足でするもの

・デイトレは1日に何度もチャンスがある

・デイトレは帰宅後のNY時間だけでも勝てるようになるもの

・スィングトレードよりも資金効率がよく、資金を早く増やせるもの

・普段仕事が忙しくて時間のない人がするもの


どうでしょう?

当たらずとも遠からずではないでしょうか?



でもデイトレードって

一般的な解釈は「その日のうちにトレードを終わらせること」ではないでしょうか?


ってことで、私はその解釈を一歩進めて


「その日の【値幅】を獲りにいくトレード」


これをデイトレードの定義としています。


言葉でこうやって定義して、

そして自分自身がどのようなトレードをしたいのか?ってことをちゃんと決めておかないと、トレードは軸を失いブレまくったものとなってしまいます。


で、なぜこの定義で私がトレードしているのか?と言いますと、

為替相場というのは、1日に1回、ある程度の値幅を築きにいく習性があるんです。


前半動かなければNY時間で大きく動いたり、

東京でめっちゃ動いたら、欧州とNYで全戻しだったり、

東京でほとんど動かず、欧州できっかけができて、そしてNYで最終的にその日の値幅を築いたり、


そんな感じの値動きが日々繰り返されています。


もちろん上位足によってはほとんど動かない日もありますが、そのために相場環境を把握する方法があるわけです。

逆に、上位足で動く要素があるときには、下位足でいったん動き始めたら大きく動くことがほとんどです。


そしてその日の値幅を築きます。


その「その日の値幅」を獲りにいくことが、実は私のトレードの軸なんです(*^^*)

だから当然、半日程度はほったらかしにすることになりますし、それができないところってことは、そもそも相場環境から間違えています。


この記事を読んだだけでは漠然としていてイメージがしづらいかもしれませんが、

一度チャートを、そしてトレードを、


その日の値幅を獲りにいくにはどんなトレードをしたらいいのだろう?

どこを獲りにいったらいいのだろう?

何を待ったらいいのだろう?


って観点から捉えるようにしてみてください。


ちょっと意識を変えるだけで、チャートは全然違って見えますよ(*^^*)


この記事へのコメント



この記事へのいいね