デイトレードを定義してこそやるべきことがわかる:維新の介の上級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

デイトレードを定義してこそやるべきことがわかる

2019年10月12日

 

どういうトレードをしたいのか?

どんなスタイルのトレードをしたいのか?


私は「言葉による定義(目標やゴール設定等含む)」をすごく大切にします。


私は基本的にはデイトレーダーです。


なぜデイトレやってるのか?ってことですが

一番わかりやすく獲れる、

つまり相場に対しての優位性が最も高いからです。


だって1日に1回どっちかに方向を築くわけじゃないですか?

ならばその値動きを獲りにいけばいいだけ。


なので、私のデイトレを定義すると


「デイトレードとは1日に値幅を獲りにいくことである」


ってことになります。


たったこれだけにたどり着くだけで何年もかかりましたけどね^^;


だけど一度定義すると、

「では1日が築く値幅を獲りにいくにはどうしたらいいんだろう?」

という思考になることができます。


結果的に

それまで5分足トレードだったのが15分足を主体とするトレードに変わりました。


そうすると、

その日に方向を作る15分足の波に「一度」乗るだけでいいから

待ちかたとしては非常に楽なんですね。





ちゃんと定義する。

何をしようとしているのか言葉にする。


でなければ「何をしたらいいのか?」「どこをゴールとしたらいいのか?」が

そもそも決まらない。


決まらなければそこにたどり着くことはない。


物事の上達や

人生をどこに向かわせたいのか


そういうときにもこの考え方は通用すると思いますよ(*^^*)





この記事へのいいね