結局トレードってどうやったらいいの?:維新の介の上級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

結局トレードってどうやったらいいの?

2018年12月16日

 

■今のトレードってこんな感じ?


トレードを学ばれる方を見ていると、トレードそのものの流れがわかっていない方がいらっしゃいます。

そういう方のトレードは、


とりあえずラインを引いてみた。

とりあえず移動平均線を表示させてみた。

とりあえずグランビルの法則を覚えてみた。

とりあえずダウ理論は知ってる。

とりあえずラインを越えたのでポジってみた。


説明されていることはわかる。

トレードの本を読んでも内容は理解できる。


でもな~んか違うんだよなー

トレードしていても資金は増えないし

トレードも安定しない。

だけど勝てるときはちゃんとわかって勝ってるような気がする。

自分がわかっているのかわかっていないのかすらもよくわからない。

トレードはやっぱりギャンブル?


こんな感じだと思います(*^^*)

身に覚えないですか?


で、チャートを見ながら今まで「覚えた」「知識」を駆使して

なんとかトレードしようとする・・・


これで安定して勝つようになるのはちょっと無理かな(^^;



■最短の上達において必要なもの


物事を学ぶには、1本芯の通った「流れ」を最初に知る必要があります。


ここが欠けてしまうと、上達していると思ってもそれはただの「知識の寄せ集め」でしかありません。

知識や情報は寄せ集めても使い物にならないんです。


大切なのは「流れ」であり、「体系化」されたものを先に学ぶこと。

その流れがあって、初めて知識はその「置きどころ」や「使いどころ」がわかります。


知識の詰込みではありません。

そんな単発学習をしてもトレードは勝てるようにはなりません。

とにかく流れを重視してください。


トレードにおいての流れとは上位足(相場環境足)からトレード足(下位足)への落とし込みの流れです。

その段階で「何を見てどう考えるのか?」

ここを明確にすることです。


この落とし込みの流れが把握できていなければ、トレードに再現性はなく

常にトレードできるところを探し回り続ける作業に追われます。

だけど結果はついてこない・・・


労多くして功少なし


これがほとんどのトレーダーが陥っている状態です。



■トレードにおいて見るべき「流れ」とは?


質問です。


「相場環境ってなんのために分析するのでしょうか?」

「いったい何を見るものなのでしょうか?」


即答してみてください。


・・・


・・・


・・・


即答できましたか?

もしできなかったのであれば、それはあなたが相場環境を明確な目的をもって行っていない証拠です。


ここで答えを書くつもりでしたが

質問に答えずにすぐにスクロールして答えを見る人もいると思うので(笑

答えはまた次回( ̄▽ ̄)


少し考えてみてください。

トレードにおいてめちゃくちゃ重要です。


大きくわけて、その目的は2つありますよ。

この記事へのコメント



この記事へのいいね