2021年10月13日(水):れっさーの初級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

2021年10月13日(水)

2021年10月13日

 

USD/JPY


まずはドル円から。


日足アップトレンド継続。2019年の高値も越え、現在は2018年後半の高値圏で推移している。

4時間足もアップトレンド。現在値の上下のラインは過去の日足レベルの高安値ラインだが、比較的よく反応している。現在はトレンドチャネルの高値圏で推移。拡散中で手が出しづらい。


1時間足もアップトレンド。少し押しを入れたが、すぐに反発し、元のトレンドに戻った。トレンドがかなり強いことが分かる。1時間足レベルでは収束しつつあるので、いい形になれば狙っていけるが、大きな押しが入っておらず、利確売りが入りやすい状況でもあるので入るとしたらサクッと逃げる準備をしておく必要があるので要注意。


EUR/USD


続いてユーロドル。


日足はダウントレンド。再び安値を更新し始めた。もう少し下には2020年前半の週足でも認識できるレベルの高値があるので、当面はそこが利確の目標となりやすい。要注意。

4時間足もダウントレンド。前回安値を更新したが、下げ幅も縮小しつつあり、勢いはない。すぐ下の週足レベルの高値ラインに要注意。


1時間足は戻り高値が遠く、ダウントレンドの中での緩やかな上昇だったが、徐々に高値を切り下げ始め、現在はトレンドチャネルを下抜いてダウントレンド再開。

ただ、上位足でのダウントレンドの期間が長く、追加売りがあまり入ってきていない。ここから新たに売りで入るのはリスクリワードが悪すぎる。基本はトレンド転換待ち。


EUR/JPY


続いてユーロ円。


日足はアップトレンド。約3ヶ月続いた広めのレンジを上抜いている。

4時間足もアップトレンド。すぐ上の2度ヒットしたラインは6月後半の安値ですぐ下のラインは先月の高値ライン。過去の日足レベルの高安値がよく意識されている。


1時間足はアップトレンドだが現在の上下のライン間でのレンジとなっている。

日足的にはこのすぐ下のライン(若しくはもう一つ下のライン)に支えられてからの再上昇となれば追加の買いが入りやすい状況。ただ、すぐ上のラインは日足で認識できる重要なラインなので、ここを抜けてからでないとリスクリワードが合わない事に注意。


GBP/USD


最後にポンドドル。


日足はダウントレンドの中での逆行中。移動平均線に抑えられ、徐々に下落再開の兆候が表れてきている。

4時間足は戻り高値までの距離が若干あり、ダウントレンドの中での逆行中だったが、緩やかなトレンドチャネルの安値圏で推移していて、ここを割り込むと、ダウントレンド再開が鮮明になる。


1時間足レベルでは一昨日の時点でダウントレンドとなっていたが、若干値動きが荒く、安値を明確にブレイクできずにいる。

このラインは7月の再安値ラインでもあり、日足レベルのレジサポ逆転帯の中なので、ここを下抜くか、支えられての再上昇となるか重要な局面となっている。トレードするのはここからのトレンドがはっきりしてから。


以上、ドル円とユーロ円はいい形になればエントリー可能だが、高値圏でもあるので、日足レベルのラインに十分に注意する事と、薄利撤退となる可能性が高いので、リスクリワードに注意。ユーロドルは長く続いたトレンドで下げ勢いがなくなりつつあるので、基本はトレンド転換待ち。ポンドドルは上位足レベルのトレンドがはっきりしてから。


この続きは当スクール会員の方にお読みいただけます

当スクールの目的は、FXの成功に必要な、あなた「器」を大きくすることです
以下のページを読み、当スクールへの参加をご検討ください

ログインして全文を読む