2021年4月6日(火):れっさーの初級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

2021年4月6日(火)

2021年04月06日

 

USD/JPY


早速ドル円から。まずは4時間足。



ついにレジサポ逆転ラインを超えて大きめの下落。今まで持っていたポジションは今回の下落の手前の赤い矢印の所で手仕舞い。今回の長いトレンドの起点になったあたりに書き込んだ赤矢印がエントリーポイントなので、かなり理想的なトレードができた。ちなみに今回手仕舞いした理由は、上昇から水平になりつつある移動平均線に絡み始め、これ以上持つ理由がなくなったからという点もあるが、それ以上に、トレンド転換の可能性が出てからの最初の戻りで、逆にポジションがなかった場合にエントリーしたくなるポイントだったので、そのまま利確した。(ドテンエントリーはしなかった。)


やはりこの下のレジサポ逆転ラインには前回の下落の時に多くのオーダーがあっただろうし、最初のトレンド転換の可能性があるポイントなので、新規参入も多かったと思われる。


続いて1時間足。



1時間足レベルでは早々にトレンドチャネルからも外れ、移動平均線や雲に支えられず、雲の下に出始めていたので、下落する可能性は十分に高かったと思われる。ただ、まだ主要な水平ラインまで到達していないので、まだ下落は続く可能性は十分にありそう。ただ、エントリーポイントは4時間足の所でも書いたが、今回の下落が明確になる雲を下抜けて直近安値を割り込んだあたりなので、当面はエントリーチャンスはなさそう。静観。


EUR/USD


続いてユーロドル。4時間足から。



買い手優勢になってからの戻りで、上昇を始めつつある移動平均線に支えられてからの上昇。直前にはWボトムが若干の安値切り上げの形で形成されていたが、最初の戻りからの再上昇でトレンド転換が明確になった。もうすぐ下落するトレンドチャネルの上のラインに到達するが、そこから再度下落トレンドに戻るかどうかがポイント。1時間足の所で詳しく書くが、こちらは昨日の上昇でエントリーしている。


続いて1時間足。



前々日の切り返しから、4時間足、1時間足共に買い目線で、戻りでいい形になったらエントリーしようと考えていたところの下落で直近の高値を越えた左側の赤矢印でエントリー。雲にも支えられ、安値切り上げ直後の高値更新で悪くないエントリーだと思う。しかし残念ながらその後の下落で初期ストップに引っかかって手仕舞いとなった。しかし、その後若干4時間足レベルのレジサポ逆転ラインは割り込んだが、再度上昇となり、直前につけた上髭の高値と移動平均線を超えたあたりで再エントリー。今回は力強い上昇となった。今回は4時間足レベルのチャートで見ても第三波に乗れた可能性があるので、そのつもりでゆったりとホールドしたいと思う。


EUR/JPY


最後にユーロ円。4時間足から。



上昇するトレンドチャネルから外れ始め、レジサポ逆転ラインも割り込んだりと、トレンド転換の可能性も出てきたが、高値も明確なレジサポ逆転ラインで止まったわけでもないし、綺麗に高値切り下げ安値更新となったわけでもないので、合成通貨なのでユーロドルやドル円の影響を受けたのかな?とりあえずは、トレンド転換にはならなさそうな動き。現在は再び移動平均線の上に出て再度買い手優勢。ただ、もうすぐ大きめの高値ラインに到達するので、そこで一旦は止まる可能性が高い。


続いて1時間足。



1時間足レベルでは雲に突入し、トレンド転換の可能性が出てきたところだったが、雲と二つの移動平均線に支えられ、再上昇となりそうな様相。ただ、ここまで上昇を続けていてトレンドの途中なので、新たに参戦するにはちょっとリスクが高いかな?という事で、もう少し上の高値ラインからのトレンド転換に期待。


以上、ドルストレートの2通貨ペアが大きく動きトレンド転換となり、一方を手仕舞い、一方には新規参戦という事になった。できるだけ大きく狙えそうなところに限定しているので、トレンド転換やその兆候が見えたところに集中する事になるが、エントリーを待つ事が出来ればそれでいいと思っている。当面は昨日エントリーしたユーロドルの手仕舞いタイミング待ち。可能なら若干長めにホールドする予定。


この続きは当スクール会員の方にお読みいただけます

当スクールの目的は、FXの成功に必要な、あなた「器」を大きくすることです
以下のページを読み、当スクールへの参加をご検討ください

ログインして全文を読む