12/6 USD/JPY 環境認識 1Hの収束拡散を狙ったトレード:CrownManの初級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

12/6 USD/JPY 環境認識 1Hの収束拡散を狙ったトレード

2018年12月07日

 

■トレード方針

4時間足でトレンドを確認し、1時間足を執行足に、5分足でエントリーです。


このブログでは、1時間足の収束拡散を狙ったトレードについて、

皆様からアドバイスを頂きたいと思っております。


※移動平均線 8SMA(水破線)/20SMA(黄)/75SMA(桃)/200SMA(青)

※水平ライン 日足(黄)/H4(橙)/H1(水)/M5(濃桃)

1時間足で収束からの拡散で1波を取りに行くときに、

上図のチャートでは赤星、青星、白丸がエントリー候補かなと思います。


赤星では実際にエントリーを行い、直下の赤線で利確しています。

(改めて見直すと全然利を伸ばせていないですが、今回は置いといて、、、。)


収束拡散を狙ったトレードでエントリーに迷うのが、白丸のポイント。

中期MAに向かって、短期MAが収束に向かっていくのですが、

星ポイントのようなギリギリまで収束することなく、ある程度空間を残して拡散してしまうケースです。

(かと言って、似たようなシーンで拡散しかけたときにエントリーすると、

その後逆行し、結果的に短期・中期MAが星印のようになるまで収束する場合もあります。)


また、白丸ポイントでの拡散は、値幅が大きく悔しい思いをします。

2個目の白丸は、キレイなレジサポ反転も形成しており、絶対に取りたかった!が、

収束しきっていないように思え手を出せず、その後大きく下落していきました。


基本的には、中期MAに対し短期MAをギリギリまで引き付けてからの拡散始まりでエントリーしたいと思っているのですが、白丸のような場合、皆さんはどのようなトレードをするのでしょうか?






この記事へのコメント



この記事へのいいね