行動7月:shinobuの初級者FXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

行動7月

2019年07月12日

 

計画①:中級を目指す

 7月
  トレードルールを明確にする
  目標:維新流の全体像を掴む
  終了条件:シンプルルールの作成

小さな習慣(どんな状態であっても毎日すること)
 ・シンプルルールを読む
 ・チャートを見る
  →調子が良ければ、上位足の流れと水平線(1本)を引く
  →さらに良ければ、注文が集まるところ(1つ)と根拠を考える

シンプルルール(草案)
 ・ダウに服従する。
 ・注文の集中を捉える。
 ・上位足に従い、下位足に落とし込む。
 ・高いところで売る。安いところで買う。
 ・負けない根拠(上がらない、下がらない)を持つ。

ポイント(重要点をあげる)

 ・全てはダウ。
  ダウが相場を構成している。

ダウこそが基本。トレーダーの心理。
  ダウに服従する。
 ・注目の集中。
  勝つためには、買った後に買う人が、売った後に売る人が必要
  なればこそ、世界中のトレーダーがどこで売り買いしているか
  ゲロを吐くまでチャートを見て考える。
 ・水平線は注文の集中を視覚化するために引く
  どの値を境に売りと買いが分かれているかに着目して引く

 ・トレンドラインは、ヒゲで引く
  →バーチャートに髭はない
  前回高値を上抜いた直前の安値で引く
  2点の間はなにも跨がない
 ・未来はわからない。だから今を考える。
  →伸びるところはわからないが、上げない下げないならばわかる。
 ・トレードには値幅が必要。
  だから、高いところ、安いところでトレードする。
  →見分け方は、ライン(水平線、トレンドライン)付近。
  →高安は相対的なもの

疑問点、課題(7月中に解決する)
 ・ダウってなんだ?



この記事へのいいね