自分のトレードに軸を持たせる考え方 本日のテクニカル分析【11月5日(月)】:維新の介のFXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

自分のトレードに軸を持たせる考え方 本日のテクニカル分析【11月5日(月)】

2018年11月04日

 


【PR】【FX】チャート上の節目を知ることによってわかること!!


【11月5日(月)のテクニカル分析】


おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のドル円の流れです。

【ドル/円】4時間足


MACDルールは不成立ですが、徐々に上で成立しつつあります。

ですが、4時間足~日足レベルの抵抗帯がすぐ上に存在し、ちょっと上値が重たそう。


このまま上抜けば楽なのですが、

そうでないのであれば、4時間足移動平均線(青)レベルの大きな波による押し目を築かないと、ちょっとむつかしいかも?


長期(青)は安値を切り上げていますが、まだ直近高値の更新はありません。

ここで反転下落してしまうと、抵抗帯付近でのダブルトップということになって手仕舞いの売りが入ってきそう。

でも日足レベルでは高値を更新しているし、日足移動平均線にもレートは支えられているため、安易に売りはちょっと難易度高いかも・・・(^^;


上昇トレンドラインと抵抗帯とに挟まれているため、

その付近で三角保合いを築いて上抜いてくれるのが一番楽なパターンなんですけどね。


******************

会員登録後、サイト内に「動画で学ぶ」というコーナーがあります。

【動画】「相場の安いところと高いところを移動平均線で考える」

必見です!

トレードって、安いところで買って高いところで売るものですからね。

初級会員登録がまだの方は、トップページの「器」の話からどうぞ

どこから学んだらいいかわからないくらいに情報の宝庫です。

 ↓ ↓

FX Life school

https://www.fx-lifeschool.info/


【ドル/円】1時間足


MACDルールは上で成立しつつありますが、1時間足はそこそこレートが「高いところ」にいるため、今の状態から買っていくのはリスク高め。

基本はちゃんと押し目買いの戻り売り(*^^*)


セミナー等ではよく言うんですが、トレードする前に「どの波」を獲りにいこうとしているのかよく考えてください。

そしてその「波」は、ちゃんと伸びるだけの「優位性」があるのでしょうか?


この部分をしっかりとおさえておかないとトレードは崩れまくりますし、なにより「トレードに軸」がなくなります。


まず波を見て、その波の優位性を「基本的なテクニカル分析」から考える。

・ダウやグランビルの法則

・水平ラインやトレンドライン

・マルチタイムフレーム分析

これらはその「波」の優位性を見るために存在していると私は考えています。


だからまずは「波」からちゃんと見ることが一番の近道ですね(*^^*)


******************

「FX Life School」

トレーダーさんと私の記事は全部で5000記事を越え

掲示板は13,000以上の投稿となっています。

かなりレベル高いし、貴重な情報が飛び交っています(^^;


会員さんになっていない方は

この機会にぜひ(*´▽`*)

ちなみに現在の会員数は1200名を越えています。


会員さんになったら、私のオリジナルレポート

『移動平均線を理解するだけでFXトレードが簡単になる!』

が手に入ります。

 ↓ ↓

https://www.fx-lifeschool.info/

このサイトトップからいろいろな情報を見ることができます!

私からのここだけの情報提供や、会員さん同士の情報交換&やり取りによって

「みんな」で勝ちトレーダーになるためのFXサイトです(*´ω`*)


参加されたら絶対に「掲示板」のぞいてみてください。

勝ちトレーダーになるための情報の宝庫です。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

購入後のフォローもすごい

書籍の内容もさることながら、購入後に動画や、メルマガ購読の特典がついていました。
その内容が本当にすばらしくて、びっくりです。

さて、書籍の内容ですが、マインド面でいろいろと感じ取ることができます。
私は、「利確も損切りも一緒です」という言葉がすきです。
読む人によっていろんな気づきを読むごとに与えてくれる本であると思います。


「理にかなえば」 結果はでる書籍

このような数あるFX解説書はすぐに「利益が出る、サイド収入が増える」と期待を持たせた書籍が氾濫(私も20冊ほど)している中、このFXテクニカル分析22の技術はシンプルな内容です。
資金管理・「利益より損切り}を考え収益の+-を判断する。
テクニカルは・移動平均線の上下の方向性、MACDの方向性グランビルの法則を素直に判断して
「理にかなった」処でトライすれば納得の得る結果が生まれるすごく、すごく、シンプルでわかりやすい解説書です。
理にかなえばまちがいなく、あくまでも資金管理が重要です。
ちなみに私は購入60日ほどになりますが、書籍も結果も満足しています。


理論的

FXを始めて日は浅いが、その間色々な関連冊子を目にしてきたが
これ程具体的に記述した書物にお目にかかっていない。
例えば一例として、楽観エリアと悲観エリア等はまさに相場がその様に動いていると感心させられ、
このエリアに絞って売買してもそれなりの収入は見込めると痛感している。


-----




FXの成功に必要なものは器です



この記事へのいいね