読み逃すと損しますよ 本日のテクニカル分析【3月20日(水)】:維新の介のFXブログ:【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

読み逃すと損しますよ 本日のテクニカル分析【3月20日(水)】

2019年03月20日

 


【PR】【FX】チャート上の節目を知ることによってわかること!!


【3月20日(水)のテクニカル分析】


おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のドル円の流れです。

【ドル/円】4時間足


MACDルールは崩れつつあります。

長期(青)矢印は高値を切り下げ安値を更新で三角保合い中。


真ん中をわかりやすいレジサポ逆転節目水平ラインを通っていて、

買い優勢エリアと売り優勢エリアとがわかりやすい状況です。


現在売り優勢であり、さらにその売り優勢エリアの「箱」を広げてくるのか?

それとも売り優勢エリアに移行して新たな青い「箱」を作るのか?

そこらへんが見どころとなりそうです。


前半の売り優勢の箱が荒れ気味に伸びなかったのは日足移動平均線(赤)が上昇中でレートが支えられたから。

対して現在の売り優勢の赤い箱は、その日足移動平均線(赤)が水平になりつつあるため、

前半の箱よりは素直に大きく伸びやすい。

もちろん日足移動平均線(赤)が下げている状態であれば、より高確度で伸びやすくなるし、絶好のトレードポイントとなる。


それが水平の優位性と斜めの優位性の根本的な考え方となります。


買い優勢の青の箱に「すぐに」レートが移行すれば、

4時間足移動平均線(青)にも日足移動平均線(赤)にも支えられるため、

斜めの優位性プラス水平の優位性で、やっぱりこちらも買いを考えることができる。


でも下げトレンドラインの存在によりちょっと伸びづらいか?

対して売りの場合は、形ができれば上昇トレンドラインを割ることになるため、比較的売りやすい状況になりやすい。


私は「このような局面」では、こうやってチャートを見ていることが多いですね。


普段、ブログに書くことはないので、今回は特別サービス記事です。


******************

会員登録後、サイト内に「動画で学ぶ」というコーナーがあります。

【動画】「相場の安いところと高いところを移動平均線で考える」

必見です!

トレードって、安いところで買って高いところで売るものですからね。

初級会員登録がまだの方は、トップページの「器」の話からどうぞ

どこから学んだらいいかわからないくらいに情報の宝庫です。

 ↓ ↓

FX Life school

https://www.fx-lifeschool.info/


【ドル/円】1時間足


ということで、

こちらも同じように考えたらどう見えるでしょうね?


4時間足と1時間足、なんなら日足までも同じように考えて、そのうえで「つなげて」考えることができるようになれば、

かなりのレベルのトレーダーになることができます。


******************

「FX Life School」

トレーダーさんと私の記事は全部で7000記事を越え

掲示板は20,000を越える投稿となっています。

勝ちトレーダーさんも多く、

かなりレベル高いし、貴重な情報が飛び交っています(^^;


会員さんになっていない方は

この機会にぜひ(*´▽`*)

ちなみに現在の会員数は1600名を越えています。


会員さんになったら、私のオリジナルレポート

『移動平均線を理解するだけでFXトレードが簡単になる!』

が手に入ります。

 ↓ ↓

https://www.fx-lifeschool.info/

このサイトトップからいろいろな情報を見ることができます!

私からのここだけの情報提供や、会員さん同士の情報交換&やり取りによって

「みんな」で勝ちトレーダーになるためのFXサイトです(*´ω`*)


参加されたら絶対に「掲示板」のぞいてみてください。

勝ちトレーダーになるための情報の宝庫です。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

購入後のフォローもすごい

書籍の内容もさることながら、購入後に動画や、メルマガ購読の特典がついていました。
その内容が本当にすばらしくて、びっくりです。

さて、書籍の内容ですが、マインド面でいろいろと感じ取ることができます。
私は、「利確も損切りも一緒です」という言葉がすきです。
読む人によっていろんな気づきを読むごとに与えてくれる本であると思います。


「理にかなえば」 結果はでる書籍

このような数あるFX解説書はすぐに「利益が出る、サイド収入が増える」と期待を持たせた書籍が氾濫(私も20冊ほど)している中、このFXテクニカル分析22の技術はシンプルな内容です。
資金管理・「利益より損切り}を考え収益の+-を判断する。
テクニカルは・移動平均線の上下の方向性、MACDの方向性グランビルの法則を素直に判断して
「理にかなった」処でトライすれば納得の得る結果が生まれるすごく、すごく、シンプルでわかりやすい解説書です。
理にかなえばまちがいなく、あくまでも資金管理が重要です。
ちなみに私は購入60日ほどになりますが、書籍も結果も満足しています。


理論的

FXを始めて日は浅いが、その間色々な関連冊子を目にしてきたが
これ程具体的に記述した書物にお目にかかっていない。
例えば一例として、楽観エリアと悲観エリア等はまさに相場がその様に動いていると感心させられ、
このエリアに絞って売買してもそれなりの収入は見込めると痛感している。


-----




当スクールの目的はあなたの「器」を大きくすることです



この記事へのいいね