ロスカットは証拠金30%の意味について | 「必要証拠金」に関するQ&A :【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

ロスカットは証拠金30%の意味について




FXを始めようと思っているものです。FXにはロスカットというものがありますが、例えば、証拠金の

30%と証券会社に書いてある場合、証拠金の30%がなくなるとロスカットになるのでしょうか?

それとも、証拠金が30%になるとロスカットになるのでしょうか?

ロスカットになるところですが、どちらの考え方も間違っています。ロスカットは必要証拠金を基準

にして、有効証拠金がその基準に達したときに執行されます。必要証拠金は以下の式で求めることが

できます。

ポジション必要証拠金=レート×取引数量÷レバレッジ

例えば、1ドルが100円のとき、レバレッジ25倍で1万通貨を取引する場合の必要証拠金は4万円と

なります。証拠金が10万円だった場合の証拠金維持率は250%になります。証拠金維持率は以下で

計算できます。

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100(%)

ロスカットが証拠金維持率の30%で執行される場合、有効証拠金が40000×0.3=12000円になった

ときロスカットになります。ロスカットだけでなく追証が発生するルールになっていないかを確認

しておいた方がいいです。例えば、証拠金維持率100%を下回ったときに追証が要求される場合、

有効証拠金が4万円を下回った追証が要求されます。これを回避するには、追加の証拠金を入金するか、

一部、または全部のポジションを決済することで、証拠金維持率を100%以上にしなければなりません。

このため、ロスカットよりも早いタイミングで、対処が必要になることを認識して取引して下さい。

 



当スクールの目的はあなたの「器」を大きくすることです