【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

FX無料講座移動平均線を理解するだけでFXトレードが簡単になる!



はじめに

多くのトレーダーは非常に努力家です。

努力しているのに「勝てない」「勝てたとしても続かない」というトレーダーが大半です。
そんなトレーダーたちが一様に勘違いしていることがあります。

「トレードは難しい」という勘違いです。

トレードは技術職であり職人技なので、最初から誰でも勝てるというようなことはありません。
しかし、超優秀な弁護士になるぐらいの勉強と経験が必要というわけでもないのです。

なぜ5年10年と勉強を続けても勝てないのか?
それは最初に誤った2つのステップを踏んでしまうからなのです。

誤ったステップ1つ目
「最初から勝とう」とすること。
誤ったステップ2つ目
「トレードは難しい」と思ってしまうこと。

これを流れにすると、

最初から勝とうするが勝てない
  ↓
勝てないのはトレードは難しいからだ
  ↓
もっと勉強せねば(複雑に考えねば)
  ↓
どんどん深みにはまってわからなくなる
  ↓
ずっと勝てない

では、どうすれば勝てるようになるのか。

2つのステップを変更するだけなのです。

正しいステップ1つ目
「最初から勝てるわけではない」と考える
正しいステップ2つ目
「でもトレードは簡単だ」と考える

何か違和感がありますよね?
当然です。違和感があるから勝てないのです!

正しいステップを流れにして見ると、

最初から勝てるわけではない
  ↓
でもトレードは簡単だ
  ↓
だからトレードを簡単に考えよう!
  ↓
なんだ本当に簡単だったんだ♪

最初に難しいと思ってしまうと本当にトレードを難しく捉え始めます。

難しいトレードで勝つために、もっと難しいことを学ぼうとする。
こうなると、いつまでも勝てるトレーダーになることはできません。

トレードに勝ち続けている人は難しいことをしているのでしょうか?
そこまで勉強したのでしょうか?
誰も到達し得ないようなトレード方法を確立したのでしょうか?

私の周りには勝ち続けているサラリーマンや主婦がたくさんいます。
残業だらけの仕事や家事や子育ての合間のトレードで家を建てた人もいます。

もう一度聞きます。
彼ら(彼女ら)は本当に誰も到達し得ないところまでの努力をしたのでしょうか?

答えはわかりますよね?「否」です。

「知識」よりも「考え方」や「捉え方」のほうがはるかに重要なのです。

もちろん「簡単と言われても・・・」って思われる方がほとんどだと思います。
ここでは相場(チャート)を簡単に捉えるための1つの見かた(考え方)をお伝えします。

ハッキリ言ってこれだけでもトレードが劇的に変わるはずです。
ワケのわからない手法や情報に手を出すより、この方法をしっかりと身につけるほうが1000倍有意義だと言い切ります。

勝てないトレーダーの特徴は「一貫性のなさ」

勝てないひとのトレードを一言で表現すると「一貫性がない」に尽きます。

一貫性がないトレードの特徴
  • 高値の更新でエントリー
  • 売られ過ぎかな?と思って逆張りで買う
  • トレンドフォローの押し目買いをする
  • オシレーターの反転でエントリーする
  • 新しく仕入れたサイン系のインジケーターを頼りにトレードする

一貫性、節操がないんです。

だから、たまたま勝ち越したとしても、勝因を分析できません。
勝因を分析できないから学びも成長もありません。

ゆえに・・・ずっと勝てないままなのです。

  • 1つの方法に秀でることもなく
  • 何が悪いのかもわからず
  • 体系だった知識もなく
  • たまたまの勝ち越しからのフィードバックも得られず
  • 改善点もわからず
  • それでも勝ちたいと思っている

これはもう滑稽としか言いようがないですね。

こういった人たちにする質問は1つです。

「今、どのようなトレードをしていますか?」

勝っていようが負けていようが答えられるはずですよね。
でもほとんどのトレーダーが明確に答えることができず、しどろもどろの答えしかできません。

一貫性がない証拠ですね。

なぜ一貫性がないのか

なぜ一貫性がないのでしょう?
これも一言で終わってしまいます。

それは・・・
「何もわかっていないから」

どこに優位性があるのか、なぜそのトレードなのか、わかっていないのです。

トレードとは、最初に「理解する」ことが一番重要なのです。
理解せずに様々な手法に手を出すために負のループから抜け出せなくなります。

手法や方法ばかりを追いかけていては「なぜ」ということに考えが至りません。

しかしほとんどのトレーダーは方法論が大好きです。
だから勝てない。簡単な理屈ですよね。

移動平均線を正確に理解するだけでトレードに勝てる

移動平均線を知らない人はいないと思います。

おそらく一番最初に標示させるインジケーターではないでしょうか?
有名だけに計算式も知っている人が多いです。

例えば20期間の移動平均線であれば、過去20本のローソク足の終値の平均値を求め、その平均値をつないだものが単純移動平均線(SMA)となるわけです。

自分でも簡単に計算することができる数少ないインジケーターです。

では移動平均線のどこを見てどのように考えてトレードするのか理解していますか?

あなたの理解が「移動平均線方向にトレードする。」「移動平均線にタッチしたら押し目買い」という程度のものであったとしたら、ものすごくもったいない。

移動平均線を正確に理解するだけでトレードに勝てるのです。
それを理解しないうちに新たなインジケーターを加えて複雑にしてはいけません。

負のループにはまる原因になります。

考え方をベースとして月に1000pips超(※複数通貨ペア)を稼ぐトレーダーも教え子にいるということを前提にお読みください。

移動平均線を理解する3つのポイント

  1. 知ってるけど誰も使えていない法則・・・

この続きは会員登録後にお読みいただけます

ログインして全文を読む