レバレッジ25倍と500倍 | 「必要証拠金」に関するQ&A :【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

【公式】維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

維新の介 校長の「失敗しないFX lifeschool」

レバレッジ25倍と500倍




FXを始めようとしているものです。国内業者のレバレッジ25倍と海外業者のレバレッジ500倍を比較した

場合、同じ通貨量の取引では、ハイレバレッジの方が損失には耐えることができる許容量も多いので、

資金を早く増やすことができるのではと思いました。この考えは間違っているでしょうか。

レバレッジ25倍と500倍で取引した場合、どちらが損失に耐えられるかを比較するために、先ずは必要証拠金

を計算します。どちらの条件も、証拠金100万円でドル円を10万通貨取引します。1ドルは100円とします。

レバレッジ25倍のポジション必要証拠金==100円×100000通貨÷25倍=400000円

レバレッジ500倍のポジション必要証拠金=100円×100000通貨÷500倍=20000円

レバレッジ25倍の必要証拠金は40万円に対して、レバレッジ500倍は2万円でした。例えば、ロスカット

されるのが、証拠金維持率100%だった場合、レバレッジ25倍は60万円の損失、レバレッジ500倍は98万円

の損失でロスカットが執行されることになります。このことから、レバレッジが高い方が、同じ取引数量

だった場合、損失に耐えられることが分かります。1回の損益については、同じ10万通貨なので、1pips

当たり千円となので、勝率が同じであれば、資金の増減は同じになります。損益が同じであれば、

ハイレバレッジの方が有利に思えますが、ハイレバレッジを扱っているFX会社のスプレッドは、広いのが

難点だと思います。



当スクールの目的はあなたの「器」を大きくすることです